悩みの要因

腰が痛い

ヘルニアは人体の様々な部分に発症します。その中でも腰椎椎間板ヘルニアは、腰痛大国と言われる日本で人々を悩ませている要因の1つです。椎間板ヘルニアの症状は加齢と共に脊椎の一つ一つのつながりを保っているゼリー状の部分が減少することにより、軟骨部分や骨の部分が飛び出した状態となります。同時に坐骨神経を圧迫するため激痛を伴います。 緊急に手術が必要となる場合と、数ヶ月間様子を見ながらの治療やリハビリにより改善を試みる手術を行わない治療法もあります。手術を行わない場合でも歩行が困難となるほどの激しい痛みがある場合は、麻酔専門の医院などで神経ブロック注射を行い痛みが改善する場合があります。注射や処方される飲み薬と相性が良い場合は、通常の生活に戻ることができる場合もあります。

腰椎椎間板ヘルニアになってしまった時の対処法の多くは、整形外科を受診することから始まります。医師が状態を確認してから1人1人に合った治療法を判断します。緊急の場合には手術を伴うことになる腰椎椎間板ヘルニアの手術に掛かる費用には大きく分けて2通りがあります。 保険適用となる手術には内視鏡手術と保険適用外となるレーザー治療による手術です。内視鏡手術に場合、全身麻酔で行う方法で入院日数は1週間程度です。レーザーを用いた治療費用は、50万円前後となり入院日数は1日程度で済みます。レーザーを希望しても、症状により内視鏡手術となる場合があり、それらは医師の判断によります。保険適用の場合は、自己負担額は手術費用10万円〜に別途入院費用がかかります。