画像検査による効果

ビキニライン

椎間板ヘルニアは、椎間板が突出する事によって神経を圧迫してします病気です。この確定診断には、MRI検査が最も有効とされており、ヘルニアを疑う場合には積極的に検査が行われます。また、神経を圧迫する原因はヘルニアのみに限ったものではないため、骨の形態や異常を調べる為にレントゲン検査を併用して実施する事が一般的となります。 レントゲンとMRI検査によって椎間板ヘルニアを確定診断した後、必要に応じて他画像検査を行う場合があります。背中から針を指し、脊髄を取り囲む髄腔と呼ばれる空間に造影剤を注入させてレントゲンやX線CTを撮影する脊髄造影検査というものがあります。MRI普及の少ない時代ではヘルニア診断目的の為の検査でありましたが、現在では、X線CTの画質や処理能力向上に伴い、椎間板の突出や周囲の骨・組織の圧迫を観察し、手術前の精密検査として検査される事が多いです。脊髄造影同様に、造影剤を直接椎間板に注入してヘルニアの突出を調べる椎間板造影検査というものがあります。しかし、この検査は激しい痛みを訴える事やMRI普及の観点からも現在ではあまり行われていません。

ヘルニアの各画像検査全てが、保険適応となります。全ての医療機関においてある程度統一されたものとなっており、内約をまとめると、診断料、画像管理料(フィルムまたは電子)、画像撮影料に大別されます。 診断料の保険点数は、過去から現在まで著しい変化はありません。また、画像管理においては医療機関が取り扱っている画像出力方法に委ねられており、大半が電子画像管理として請求されています。 画像撮影料には、レントゲン、CT、MRIと各種の保険点数設定がありますが、この内CTとMRIについては、近年著しい変化の傾向があります。その理由としては、医療機器の進化によるものであり、医療機関に設置してある医療機器がどのレベルの装置を導入しているかによって変化します。実際には、画像に対する能力の高い装置を設置してある施設では、高い画像撮影料が請求される傾向となっています。